活動報告 最新情報 日々更新中です

うえむら真美がめざす"つながる空知"のカタチ

「つながり人口」を増やします!

人口減少が続く空知において内外ともに人々の交流の場を増やしていくこと、さらに地域連携による新たな可能性を増やしていくことが急務です。そのための環境と、仕組みを創り出していきます!

「北海道愛」を育みます!

次世代を担う子どもたちが人生を歩む上で必要な勇気と強さを育むためには、生まれ育った地域の歴史や資源力を知ることが大切で す。過去・現在を学び、未来を逞しく創造できる人材育成の場を創り出します!

「医療と福祉サービス」を充実します!

すべての世代が安心できる質の高い地域医療と子育 てを含む多様な福祉サービスのあり方を地域・企業との連携を通して見出し、地元に密着したサービスの充実をめざします!

「強い農林産業」をめさします!

農業基盤整備の強化をはじめ、第6次産業(生産x加工x販売)振興のため、農産物プランド化とスマート農業を推進します。
また、他分野との連携を通したものづくり産業の推進と農林産業の担い手育成の場を創り出します!

「防災ネットと生活インフラ」を強くします!

自然災害に備えた安全安心な生活を支えるために、人的防災ネットワークと社会資本整備の充実をめざします。
また、弱者に対する生活環境の集約化と交通手段の新しいあり方を地域連携を通して創り出します!

「新たなコト」をつくります!

北海道がインバウンド観光推進をする中で、空知に観光客を引き寄せるためのさらなる魅力発信が必要です。
若者や女性の考え方を活かせる場を増やし、新たな経済を生み出す力を育みます。
また、近隣の空港や大型商業施設との連携を強め、北海道新幹線延伸に伴い地域存在価値を高めることなど空知における「新たなコト」を創り出します!

「記憶に残る景観」を提案します!

空知には、広大な水田風景や山間のワインぶどう畑、また、日本のエネルギー産業の歴史を代表する炭鉱遺産があります。一方で、人口減少が進み問題となっている空き家、空き地対策を盛り込んだ条例を提案し、訪れる人の記憶に残る美しい景観づくりに挑戦します!